ネイルシールを貼る手順

爪の形を整える

ネイルシールを綺麗に貼る為の下準備として、爪やすりを使って爪の形と表面のデコボコを整えます。

爪の表面の油分を落とす

ネイルシールを貼る爪の表面の油分や汚れを、ネイルリムーバーで拭き取っておきましょう。爪の表面に油分や汚れが残っているとネイルシールを綺麗に貼ることができません。

ネイルシールを自分の爪の形より少し小さめに切る

台紙からシールを剥がす前に、貼りたいネイルシールを自分の爪の形よりも、ほんの少し小さめにカットしましょう。

ピンセットでネイルシールを台紙から剥がす

自分の爪の形よりも、ほんの少し小さめにカットしたネイルシールを台紙から剥がします。

剥がすときは、ピンセットを使ってそっと台紙から剥がすようにしてください。手で剥がすと、ネイルシールが折れ曲がってしまったり、手についている油分や汚れ等で粘着力が落ち、シールが浮きやすくなってしまいます。

ネイルシールを爪に貼る

ネイルシールは甘皮側(根本)から爪先に向かって貼っていきます。爪とネイルシールの間に入った空気を抜くように下から上へと指でなでるように圧をかけましょう。

※ネイルシールを貼る時のワンポイントアドバイス

ネイルシールが貼りづらかったり、浮いてしまったときはドライヤーの温風をあてましょう。

ネイルシールが柔らかくなり、貼りやすくなります。温風をあてるときはネイルシールが飛んでいかないように、根本をしっかり押さえてください。

余ったネイルシールを爪先に折り込んで貼る
余ったネイルシールを爪やすりで削り落とす

先ほど、爪先に折り込んだ余ったネイルシールを爪やすりで削って切り離します。やすりを爪に垂直にあてて、下にやすりを引くと簡単に 削り落とせます。

仕上げにトップコートを塗る

ネイルシールを長持ちしやすくするために、仕上げとしてトップコートを塗りましょう。ネイルシールもマニキュアと同様に、指先からはがれやすいので、トップコートは指先から塗っていきましょう。

 

池袋 ネイル 安い

 

ネイルサロンの予約なら女性に人気のクーポンランド≪公式≫